信用取引口座を開きました

By | 2012/07/15

とうとう信用取引に手を出してしまいました。まだ口座を開いてもらっただけですが。
あちこちに危険だからよくルールを読めと忠告があってちょっと腰が引けてますが。

いまのところ信用買いしかやらないつもりなので、現物株とほとんど変わらない方法でやる予定ですが考えが甘いでしょうか。
現物で行けるなら信用でもいけそうな気がする程度の考えでは危険でしょうか。

ところでふとシャワーを浴びているときに気づきました。
買ったあとつい株価がこれくらい上がるだろうとかこれぐらい下がるなら想定の範囲内と考え様子見をしてしまいがちでした。
そしてちょっと下がり気味だと「まあ少しぐらいならすぐ戻すだろう」と思い放置しておくともっと下がってホールドしたままその日が終わり、次の日さらにギャップダウンしていて・・みたいなことがあります。現物だと上がるまで待っているのも良し、損切りするのもよいのですが、信用取引の場合追証に引っかかってさらに強制執行に引っかかると勝手に売られちゃうことになります。
これはたまたまちょっと悪い材料があって一瞬すごい下がっただけでも勝手に執行されちゃうということです。この場合最悪です、わざわざすごく下がるのを待って売ったようなものです。
自分が注目している銘柄にもけっこう危ないものがあり注意が必要そうです。

こういったことがあって大損する人がいるのかもしれません。
自分のやり方ならこんなのあり得ないと思ってもそれは自分が勝手に想定した範囲内ならの話で、どこまで自分が想定出来ているのかはわかるものではありません。
やはりある程度リスクは取りつつもできる限り安全策を取っておく必要があると思いました。
現状面倒だと逆指値注文すらしないときがありました。(爆)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。