ruby193へのバージョンアップでの不具合メモ

By | 2012/12/04

ruby192からruby193にバージョンアップしたらいくつか動かなくなったのでメモしておく。

  • systemからexeを実行ができなくなった。
    どうやらcallをつけて呼び出さなければいけなくなったようだ。しかも空白に対してちゃんとダブルクォーテーションをつけないといけない。
    
system(“C\Program files/hoge/hoge.exe log.txt”)
↓
system(“call \”C\Program files/hoge/hoge.exe\” log.txt”)
  • putsに日本語が混じっていると怒られた。
    これについては英語にしてしまったが・・。
  • NKFで止まる
    どうやらencodingの対応が変わったらしいのでjisからuft8に変えた。
NKF.nkf(‘-j’,body)
↓
NKF.nkf(‘-w’,body)

よくあることなんだけど結構時間食っちゃうんだよな。なんとかならんものか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。