linuxにvsftpを設定

By | 2016/01/23

久しぶりにWordPressの管理画面に入ったら何やらFTPからインストールするようになったようです。
はて、サーバーにFTPの設定なんかしてあったっけ?と思って適当にWordPressを更新してみたらやっぱり無理でした。

そんなわけでLinuxにFTPの設定をしてみました。

 

まず、本当に入ってないか確かめるため調べてみる。

# yum list installed | grep ftp

とするとやっぱり入ってない様子。
なのでインストール。

# yum install vsftp

ポート20番が空いている必要があるみたいなので確認

# netstat -antu

 

iptablesの設定も必要らしい

# emacs /etc/sysconfig/iptables-config
IPTABLES_MODEULES=""
->
IPTABLES_MODEULES=“ip_conntrack_ftp"

として

# service iptables restart

 

あとはftpでユーザー制限できるのでその設定をする。
やりたいことは指定したユーザーのみ使えればいいので

# emacs /etc/vsftpd/vsftpd.conf
userlist_enable=YES
userlist_deny=NO
userlist_file=/etc/vsftpd/user_list

#匿名ログインを拒否する
enonymous_enable=NO

# ログイン時ユーザーのディレクトリのみ見せる
chroot_local_user=YES
#chroot_list_enable=YES

そしてログインを許すユーザーを設定する。

# emacs /etc/vsftpd/user_list
user_name

FTPを再起動

# service vsftpd restart

 

あとはユーザー登録とパスワードを設定しておく。

# useradd user_name
# passwd user_name

として完了、やったね。

WordPressに戻ってユーザー名とパスワードを設定すればダウンロードできま・・・せんでした。
なんとディレクトリが作れないとか言ってきました。
長くなったので続きはそのうち。ではでは。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。