WordPress更新失敗について

By | 2016/01/24

前回からの続き。
FTPの設定を終えてようやくWordPressを更新できると思ってやってみたら

「ディレクトリを作成できませんでした。」

デフォルトのディレクトリが違うためかと思って調べてみてもちゃんと設定してあるんだが。
さらに調べてみるとどうやらwp-config.phpの設定が足りないということで以下を追加してみました。

# emacs wp-config.php
-> 追記
define('FTP_BASE', ‘/xxx/wordpress/');
define('FTP_CONTENT_DIR', ‘/xxx/wordpress/wp-content/');
define('FTP_PLUGIN_DIR', ‘/xxx/wordpress/wp-content/plugins/');
(xxxはWordPressのソースの場所に読み替えてください)

でも変化なし。
さらに調べてみるとどうやらパーミッションが問題のようで、以下のディレクトリのパーミッションを変えてやれば良いということです。
ということで調べてみると

# ls -l

左の列に -rwxr-xr-xとかなんとかなっていて755設定になっていたので、書き換えたいけど書き換えられないと言っていたようです。
というわけで一旦全開放してみました。

# chmod 777 wp-content/upgrade
# chmod 777 wp-content/themes
# chmod 777 wp-content/plugins

ただこれだと誰でも変更なので危ないので後で戻します。
とりあえずこれでやったらさっきより進んだんですが、結局他のプラグインの更新に失敗して大量のエラーログが出てきました。

ムキー!!

これ全部パーミッション開放しろっちゅうんかい!!
もういいや、全ファイルパーミッション変えちゃおう、

# chmod -R 777 /xxx/wordpress

はい更新、はいできました。
怖いからとりあえず戻す。

# chmod -R 755 /xxx/wordpress

すみません、これは相当邪道なやり方なので真似しない方がいいでしょう。
上記の方法ではすべてのファイルのパーミッションが同じ設定になってしまいます。
面倒でも一つ一つパーミッションの設定を変えた方がいいと思います。

それにしても今後はどうしらいいでしょう?毎回このパーミッションを変更してやらないといけないということなんでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。